薬剤師の働き方や働く条件について知っておこう

薬剤師が活躍出来る場所は多い

薬剤師として働く時には、活躍出来る場所が多いので働き方も多く存在します。例えば人と会話するのが好きな人や薬のアドバイスをしながら薬剤師のスキルを活かしたいのであれば薬局やドラッグストアで働くのがおすすめです。薬局やドラッグストアでは、多数の薬を販売しておりお客さんにアドバイスしながら購入のフォローをしていきます。上手くアドバイス出来れば、お客さんが自分の症状に合った薬を購入する事が出来て症状が良くなる可能性が高いです。

また、薬の営業や開発に関わりたいのであれば薬の開発メーカーで働く方法があります。薬の開発に関わる事によって、その薬が販売されたり売上が伸びるとやりがいを感じる事が出来るでしょう。自分が好きな働き方を見つけて、活躍すれば薬剤師として長く働く事が可能です。

薬剤師として働く条件は国家資格の取得

薬剤師として働きたい場合は、条件がありそれが薬剤師の国家資格を取得する事です。薬剤師の国家資格を取得しなければ薬剤師と名乗る事が出来ないです。薬剤師の資格を取得するためには、基本的に大学の薬学部に進学する必要があり約6年間通う事になります。最低でも6年間通う必要があるので、なるべく早く進学する事が大事です。もし、進学するのが遅れると当然薬剤師として就職出来る年齢が上がり、就職しにくい状況になるので注意しましょう。

また、大学の薬学部は平均的に偏差値が高く、進学難易度が高いです。独学だけでなくて予備校に通いながら一発で合格出来るように準備する事が重要です。高校生であれば、高校2年生の時から薬学部の進学に向けて勉強していくと余裕を持って自分の学力を上げる事が可能ですよね。

薬剤師の人手がない場合、早朝や夕方以降など子育て世代が働きにくい時間帯は、薬剤師のシニア求人枠を増やすとシニア層の活躍の場が広がります。