住み込みの工場求人の寮費や水道光熱費はいくら?

求人によって寮費は異なる

工場求人の寮費は、求人によって異なります。同じ派遣会社でもエリアや仕事内容によって寮費が異なることがあるので注意が必要です。例えば、とある派遣会社に登録をして寮費・水道光熱費の仕事を紹介してもらい6カ月間働いたとします。その後別の仕事を紹介されたので、同じように寮費が無料と思って仕事を引き受けたら、全く条件が違っていたということもあります。寮費・水道光熱費ともに無料という求人もあれば、どちらも相場通りの費用がかかるという求人もあります。敷金・礼金についてはほとんどの会社が福利厚生の一環として全額負担しているので、入寮時の初期費用はかからないことが多いです。

自動車工場の期間工求人では基本的に寮費無料

自動車工場の期間工求人を見ていると、基本的に寮費・水道光熱費無料ということがわかります。期間工求人を出している自動車メーカーはどこも大手企業なので福利厚生がとても充実している傾向です。その他にも入社祝金がもらえる・期間満了時に満了金が支給されるなどメリットがたくさんです。同じ自動車関係の求人でも、下請けメーカーの工場で働く仕事はそれほど好条件ではない傾向なのでよく比較してください。

工場求人にはデメリットもある?

工場求人のデメリットとしてよく言われているのが、スキルが身につかないということです。社会人として役に立つスキルとして営業力・企画力・対人折衝力などがよくあげられます。工場で普通に働いていたらこれらのスキルが身につく可能性は低いです。時間をお金にかえていると割り切り、目標を達成するために1年から3年程度の期間を定めて働くのがいいと思われます。

イカイアウトソーシングの公式サイトはこちら