製造現場は年中無休?工場の勤務シフトについて学ぼう!

量産品を扱う工場はシフト勤務が一般的

製品を作る現場である工場は規模や設備が多種多様ですが、需要の多い製品であれば年中無休かつ24時間、生産が行われることも珍しくありません。一日に生産できる数には限りがあることから、市場に流通させるだけの数を確保するには常に設備を動かす必要があるためです。一方で作業に従事する工員が24時間働くことはできません。そのため、一日のうちに数回、人員を交代させるシフト勤務が多くの工場で採用されています。週や月など一定の範囲ごとに担当する勤務時間を変えるシステムであり、体への負担や賃金に偏りが生じない効果があります。工場によっては特定の時間帯だけ働く工員もいますが、その多くは繁忙期に雇用される期間工です。

昼と夜の作業内容にはこのような違いがある

24時間操業を行っている工場の多くは時間帯による作業内容の違いはほとんどありません。製品の生産に関わる原料の選別や加工、でき上がった製品の検査及び発送などの作業は時間帯に関係無く行われます。しかし、工場によっては特定の作業を省略したり、規模を縮小することもあります。特に夜間の操業については騒音トラブルを避けるために生産や発送を行わないケースも少なくありません。また、工場の設備にトラブルが生じた場合、夜間であれば修理業者と連絡が付かないことがあるので具体的な対処を施すには翌日の昼間まで待たなければいけません。近隣への配慮や外部業者への連絡などの面から、夜間の操業は昼間よりも制限が多くなるのが現状と言えます。

ワールドインテックの求人情報なら