プラント求人に応募をする時に気を付けたいことは?

入社後に主に担当する業務内容を確認しよう

プラント内のエンジニアとして働きたい場合には、石油やガス、化学薬品など様々な製品を扱う企業の求人情報に目を通して、入社後に主に担当する業務内容についてきちんと確認することが重要です。特に、生産設備の設計を一から行ったり、長期にわたり運用や保守などの作業を担当したりするには、幅広い分野の専門スキルが求められます。そのため、早いうちから大手メーカーの就職フェアや相談会などに参加をして、自分に向いているプラントの仕事を見つけることが肝心です。また、メーカーによっては若手のエンジニアを対象に一通りの業務に慣れるまでの間、先輩のエンジニアによるフォローを行ったり、継続的にシステム開発やCADに関する研修を実施したりしているところもあります。そこで、プラントに関する実務経験が少ない人や、専門スキルに自信が無い人は、教育制度に目を向けて勤務先を決めるのも良いでしょう。

将来的な海外駐在の可能性についても把握しよう

海外に生産拠点がある国内のメーカーに入社をしたい時は、将来的な海外駐在の可能性についても求職中に把握をすることが大切です。たとえば、有名大学の工学部を卒業した人やプラントの作業に関連する国家資格を持つ人は、入社後すぐに海外転勤の打診があるケースも珍しくありません。なお、海外駐在中には、現地のプラントで働く外国人のスタッフとコミュニケーションをとる際に最低限の英会話のスキルも必要となるため、就職活動を始める前に勉強を始めることがおすすめです。

プラントの転職は、機械や化学薬品、電子機器など様々な工業用製品を扱う企業を目指す求職者の間で関心が集まっています。