期間工の仕事の特徴や求人を選ぶときに気をつけるポイント

待遇の良さが人気の期間工について

自動車関係や家電に関連した大手企業がよく募集している期間工の仕事。有名な大手メーカーで働けるチャンスがあるかもと、大きな関心をもっている人は多いのではないでしょうか。大手メーカーの製品のものづくりに携われるということにも魅力を感じている人も少なくないでしょう。でも、アルバイトや派遣社員として働いたことはあっても、期間工という雇用形態で勤務するのが初めての人は不安もありますよね。期間工という働き方は、決められた雇用期間で勤務する契約社員のことをいいます。

通常の事務職などの契約社員と違うところは、入社祝い金や満了慰労金などのさまざまな待遇があり、大手企業ですと多いところで年収700万円程度の高収入を得られるところもあります。また、期間工は住まいの提供もあるのが一般的です。大手企業であれば、完全個室のワンルームの住まいが与えられることがほとんどで、日常生活でよく使う家具や家電も備わっていることが多く、待遇の良さが人気をよんでいます。

期間工の求人選びの注意点

期間工の雇用期間は、契約更新をしなければ、上限3年までと決められています。平均の雇用期間は6ヵ月から1年程度です。働く期間が短いからといって、「待遇がよくて高収入だから」「寮が一人部屋で綺麗だったから」といった待遇面を優先して仕事を決めてしまうと失敗することもあるので、仕事内容もよく確認しておきましょう。短期間であっても、仕事が辛い、自分には向いていなかったといった風に、数日で辞めてしまう人も実際にいます。期間工の仕事には、自動車や航空、家電や食品などのさまざまなタイプの職種があるので、最後まで続けられるように、自分に合う職種の求人を選びましょう。

冬場だけ働きたいという人には、期間限定で工場での仕事をすることができる期間工が適していると言えます。