ドライバーをやることによるメリットとデメリット

休憩時間が多く自由度が高い

休みが少なそうと考えられているドライバーの仕事ですが、実はそんなことはありません。タクシーやバス、トラックなどどんな種類のドライバーであっても定期的に休憩を取らなければなりません。休憩を取らなければ事故を引き起こす可能性があるからです。また、残業ができないこともメリットといえます。仮眠時間や休憩時間などをふくめて、トータルで休憩をとることができるため、働きやすいでしょう。車種によっては1ヶ月のうち半分は休みということもあります。

また、仕事に対して自由度が高いのもメリットといえるでしょう。トラックの場合は到着時間の範囲内であれば自由に休憩時間や仮眠時間をとることができるため、自分で働きやすさを作り出すことができます。人間関係に煩わされることがないのもメリットです。基本的にドライバーは個人で働く職場であるため、人間関係のトラブルが起きる可能性は少なくなっています。

高齢者になると回復に時間がかかる

トラックであれタクシーであれ、共通してデメリットとなるのは腰痛です。長時間運転すると座りっぱなしとなるため、腰に大きな負担があります。また、トラックの場合は重い荷物の運搬がありますし、タクシーでも車いすの人の乗車を手伝うなどの可能性があるため、腰に負担がかかることが多いです。運転し続けると目が疲れ、頭痛や判断ミスなどの可能性が高まります。定期的に休憩を取らなければ、交通事故を引き起こす可能性が少なくありません。特に高齢者の場合には、定期的に休憩を取らなければ疲労が蓄積されやすく回復に時間がかかるため、事故を引き起こしかねませんので注意してください。

ドライバーは仕事によって勤務時間や休日などの条件が大きく変わります。愛知のドライバーの求人を探す時は、自分が希望する条件と一致する働き方ができる会社を選ぶことが重要です。